安全への取り組み

弊社取扱いのおもちゃは、おもちゃの法律を遵守し、日本国内の食品衛生法に基づく試験で安全性が確認できた商品を取り扱っております。また、下記のような安全検査会の合格認定を受けております。

CEマーク

欧州連合(EU加盟国)の法律に基づいた「製造物製造規準」に適合していることを示します。
おもちゃについていえば、大きさ、形態、塗料、強度などについて詳細な規則があります。
当社では、この法律規準に従った製品のみ輸入しています。

GSマーク

GSマークは、必ず一緒に「LGA」「TÜV」というアルファベットが並んでいます。
これは世界的に信頼されている第三社製品機関の名称です。
ここでテストを受けてパスした製品には、GS(ドイツ語でgeprüte=テスト済み、Sicherheit=安全性)というマーキングが許されます。

※CEの基準では「玩具とは14歳以下の子どもが遊ぶことを目的として製造された製品」と定義されています。
モビールやクリスマス飾りなどの室内装飾を目的とした製品や文具などは「玩具」の範疇ではなく、また他のどのグループにも分類されないため、該当するCEの基準がありません。そのためCEマークのついていないものもあります。

このページのトップへ

お客様からよくある安全性に関するご質問

子どもが何でも口にくわえようとするので塗料の安全性が心配なんです。
どのような塗料を使っているのですか?
ヨーロッパの安全基準(EN71)をクリアしたものしか使っていませんから、着色料、コーティング用ワックス、接着剤の全てが有毒物質を一切含まないことを保証します。
ですから、もちろんなめても大丈夫です。また弊社が扱うプラスチック製品は、環境ホルモンに影響を及ぼすフタル酸エステルは使用しておりません。
本当に安全な玩具だけを取り扱っておりますのでご安心下さい。
日本におけるおもちゃの法律はどうなっているのですか?
日本では、昭和23年から"おもちゃは子どもが口に入れる可能性がある"という観点から「食品衛生法」で規制されています。この法律が平成20年に改定強化され広範囲に及ぶようになりました。弊社が輸入するおもちゃはCEに適合していることはもちろんですが、さらに「6歳未満児が使うおもちゃ」については日本の食品衛生法に則った検査を検査機関に受け合格しています。
ドイツや中国、台湾など色々な国で製造されているけれど、品質に違いはないのですか?
違いはありません。弊社が扱うどのメーカーでも、他国で製造する場合は、安全なもの作りのノウハウを伝え、素材はヨーロッパの品質の高いものをそのまま使用するなど管理を徹底しています。
また、スタッフが工場に何度も足を運んで良いパートナーシップを築き、工場を「育て上げる」ことで、どの国で作られた玩具も高品質を保っています。

このページのトップへ