あんなこと、こんなこと、ドイツ便り

第11話(2011年3月執筆)【電話インタビュー:ペーター・フックス氏(フックス社)】

from 谷本バルタイト美枝子

インタビューに快く応じていただきありがとうございます。
今日3月21日は春分の日、 とても良いお天気に恵まれ、砂場遊びや水遊びのシーズンもいよいよ間近という感じ こんな日にフックスさんのお話をおうかがいできるのをとても嬉しく思います。 それでは早速ですが、御社のおいたち、《シュピールシュタビール》というブランドを立ち上げたきっ かけや、社の歴史の中でのターニングポイントなどについてお話いただけますでしょうか?

創業は1919年。《マルティン・フックス社》の名の通り、私の祖父マルティンが 起こした会社です。創業当初は《髭剃り用品》を作っていました。 革命を経てワイマール共和制への道を歩みながらも、当時、男性のおしゃれ の主流は、歴代のプロイセン国王をほうふつとさせる手入れの行き届いた髭をたくわえる ことでした。そこで、シャボンを泡立てる鉢、シェービング用ブラシ、カミソリ、ハサミなどの セットは、男の身だしなみの必需品だったのです。 やがて、『髭はカット!シェービング用品もカット!』との祖父の判断で、陶器や金属製の 家庭用品、そしておもちゃへと製品群を切換えていきました。合成樹脂を取り扱い始めた のは1950年です。

合成樹脂と言えば、《プラスティック》という言葉のもつ《低価格》《低価値》《使い捨て》 のイメージを払拭したのがフックス社のブランド《シュピールシュタビール》ですね。 ドイツ語ではプラスティックに代わるクンストシュトッフ(Kunststoff)*という呼称もあり ますが、『シュピールシュタビールの実証した高品質が、一般消費者の合成樹脂に対する認識や イメージを、まさに《プラスティック》から《クンストシュトッフ》へとランクアップさせた』と、先のニュル ンベルク・トイフェアーで紹介された冊子で知りました。 ブランド《シュピールシュタビール》が生まれたのは80年代と聞いていますが、その頃の事情を お聞かせください。
注)KunststoffはKunst(=天然ではなく人工の)とStoff(=材料)からなる言葉ですが、Kunstは本来《アート》、 《巧みな技》、という意味で用いられます。

私たちも、元々は安価なプラスティック製品を作っていたのです。 ところがドイツ製ということにこだわっていると、価格の上で他社製品に とても太刀打ちできません。ヨーロッパ内の似た商品と比較しても、イタ リア製やスペイン製の方が、当社のものより余程手ごろでした。 でも私は製造を他国に移す気持ちはありませんでした。 《もの作り》という職種がドイツからどんどん消えていくのは本当に残念なことですし、 地域の職場を守るという意味でも、Made in Germanyは絶対譲れない、そう確信 していました。 そこで、『価格で勝てないなら品質で勝負。誰にも劣らない最高の品質を私たちの 強みにするんだ』と、1985年、このブランドを発足したのです。 《シュピール/Spiel=遊び》+《シュタビール/stabil=丈夫》とは、いささか傲慢な ネーミングかも知れませんが…。

傲慢だなんてとんでもない。むしろ、ブランド名としてこう言い放つということは、 それに責任を負うことに他なりませんね。


そうです。そしてその責任を日々生きることを自分に課さねばなりません。 だからこそ、トレンドに左右されず飽きのこないデザインで、『壊れません』と さえ言い切れるほど堅牢な製品をお届けして長くご愛用いただくこと、販売 ルートを専門店に絞り、価値観を共有できるお客様に私たちの商品をお届けすること。 これらを私たちのポリシーとしています。

1985年以来ずっとレギュラーの製品もあると聞いていますが。



じょうろ(FU7301Y)、バケツ(FU201♯)、シャベル(FU7801♯)、 砂ふるい(FU7701♯)、砂型セット(FU7401)がそうです。

このページのトップへ