あんなこと、こんなこと、ドイツ便り

第8話(2010年11月執筆)【私のクリスマス・カウントダウン】

from 谷本バルタイト美枝子

「もうしばらく忘れていようよ…。」と、いくら言ったところで、毎年必ず訪れるクリスマス。おもちゃ業界では年間の売り上げ中60~70パーセントを占めるとさえ言われるクリスマス。だから楽しみではある一方、ちょっぴり恐いクリスマス。
8月半ば:
クリッペの人形たちがたくさん入荷する。マリア、ヨーゼフ、厩(うまや)の餌箱に寝かされた乳飲み子キリスト、その赤ちゃんを凍えさせないよう息を吹きかけて暖めたと言われるロバと牡牛、大天使ガブリエル、羊飼い、羊、東方の三賢人、椰子の木、象、ラクダ…。一部を店内の引き出しに、大半は事務室わきの小さな倉庫の棚に整理してストック。「いよいよ今年も…」と思いながらそんな作業をしていると、過去のクリッぺ販売にまつわるいろいろなできごとがよみがえってくる。「実は…」と、少し気恥ずかしそうに切り出した女性。「クリッペを飾ろうとして気づいたんだけど、どうもキリストを失くしてしまったみたい…。餌箱なしで赤ちゃんだけ買い足すことはできないかしら?」あろうことか、《キリストを紛失》してしまったと、堂々と告白した彼女の正直さが好き。思い出すたびにすがすがしい気分になる。

キリストを完売した年もあった。最後のひとつはショーウィンドーに飾ってあったのを取り出して売らねばならなかった。買い手の男性は私に、陳列品だからいくらか値引きできないかと問う。「いくら商品とはいえ、キリストを平気で値切るとはどういう了見だ!」と、クリスチャンでない私でさえ唖然として二の句がつげなかった。その後どう対応したのか、さっぱり覚えていない。「マリアは可愛いけど、ヨーゼフが老けてていやだわ。こっちの人形の方がハンサムね。私はこれをヨーゼフにしようかしら。」そう言って、ある女性がマリアの婿選び。お目どまりの人形はよりにもよって※ヘロデ王だった。※マタイの福音書によると、ヘロデは救世主の誕生を恐れ、ベトレヘムの2歳以下の男児を全て殺すよう命令を下した「念のために申し上げますが、これはヘロデです。」「あっそう?でも私、こだわらないからいいの。」そう言って、自分なりの聖家族を構成すると、彼女は満足そのもので店を去っていった。何にせよマニュアル通りでないと気のすまない人が増えている。販売の仕事をしてきて、日頃つくづくそう感じている。そんな中で、自分の目を信じて自分で選んだあの人は、とても新鮮だった。《ヘロデを改心させ、ヨーゼフに変身させた大人物》として、毎年私たちの楽しい語り草だ。

このページのトップへ